必要経費として支出を計上する場合には、税務署などからの指摘を受けないようにする為にも領収書を残しておくことが大切です。

しかし、建設現場などで大量のジュースを自動販売機で購入した場合には、領収書をもらおうと思っても簡単には手に入りません。

建設現場などではほぼ毎日のように自動販売機を利用する方もかなりいらっしゃいますので、経費に出来ない状況はなるべく避けたいものです。

そこで、この状況を避ける為にも、領収書がもらえない時には支払い証明書を作る事をオススメします。支払い証明書には書式などの指定はありませんので、パソコンなどを使って自作しても構いません。

記入内容としては、日付、支払い金額、支払先、支払い理由、支払者名と本人の押印があれば十分です。あとは作業日報との整合性があれば、必要経費として認めてもらえる可能性が高まります。

税務署から指摘を受けないようにするには領収書を残すのが一番の良策

領収書がなくても支払い証明書を作れば経費に出来ると甘い考えを持ってはいけません。支払い証明書はあくまでも領収書を手に入れるのが困難な場合に補助的に利用するもので、しかも必要経費に出来ると約束されたものではないからです。

スポンサーリンク

やはり一番経費として認められやすいのは、支払明細書付のレシートタイプの領収書です。これなら何にいくら使ったのかが一見して分かるので、領収書のタイプとしては最も信頼度が高くなります。逆に一番信頼度が低い領収書は、手書きの領収書です。

時々、金額と発行人の名前と住所だけ記入してある領収書をもらう事がありますが、これに後で自筆で日付や支払い理由を書き足したとしても、税務署からすれば信憑性に欠けると言わざるを得ませんので、無効と判断されてもおかしくありません。

ですが、支払い証明書に比べるとまだましな方ではあります。信頼度の目安としては、[明細付領収書>>>手書き領収書>支払い証明書]と考えるのが妥当な所です。

こちらが不正をしていなくても、証拠として提出できるものがない場合には必要経費として認められないことが多々ありますので、確実な節税対策の為にも信憑性の高い領収書を残すように心掛けておきましょう。

スポンサーリンク