副業をしても20万円以下の収入なら所得税の確定申告が不要なので会社に副業の存在がバレないと思いがちですが、副収入が1万円でも発生すれば住民税の申告は原則必要となりますので、ちょっと念入りに調べられるとなんらかの副収入を得ているという事は会社に伝わってしまいます。

副業が会社にバレないようにする為には、名義人を自分の親や配偶者にしてインターネットオークションやアフィリエイトなどを本人が行って間接的に稼ぐのが安全な方法ですが、副収入の金額によっては本人が受けている所得控除が受けられなくなるので注意が必要です。

また、給与以外の副収入が年間20万円以上ある場合や、専業主婦の方が名義人で納めなければならない税金が発生するほどの副収入がある場合には確定申告もしなければならないので、面倒な税務作業をする必要性も出てきます。

スポンサーリンク

配偶者の方が専業主婦で、年間38万円超の所得がある場合には、副業を間接的に行っている本人が配偶者控除が受けられなくなるデメリットも生じます。

このように、誤魔化して副業をすると何かしらのデメリットや面倒な事が出てきますので、会社に副業の許可をしてもらって公に副収入を得る事が一番の良策です。

株取引やFXは自己責任で行うべき

上場株式取引やFXは手軽に出来る副業なので、通勤時間や勤務時間で暇を持て余しているサラリーマンの方には人気があります。しかし、これらのような投機性が高い副業を自分以外の名義で行うのは絶対に止めましょう。

自分以外の名義で多額の損失を出した場合には、損失を出した責任が本人にあったとしても、一応の責任は名義人にあるので、その名義人が責任を負う事になります。自分以外の人の人生を台無しにしないでください。

もしどうしてもやりたいのであれば、会社に副業を認めてもらうか完全に自己責任でするべきです。

スポンサーリンク