寡婦/寡夫(かふ)控除とは夫・妻と離婚した、または死別した後再婚していない場合に受けられる所得控除の事で、それぞれ控除を受けられる要件と控除額が異なります。

寡婦控除の適用要件と控除額

寡婦控除は控除要件に該当した女性が受けられる所得控除の事で、控除額は27万円となっています。

次に要件のどちらかに該当する場合に、寡婦控除が適用されます。

寡婦控除の適用要件
  • 夫と死別した後婚姻をしていない人、または夫の生死が明らかでない一定の人で、扶養親族または生計を一にする一定の子(※1)がいる人。
  • 夫と死別した後婚姻をしていない人、または夫の生死が明らかでない一定の人で、合計所得金額が500万円以下の人。
(※1)総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族になっていない人。

また寡婦の方の中で、次の特定の要件に全て該当する女性の方は控除額の27万円に8万円が加算され、合計35万円の寡婦控除を受ける事が出来ます。

スポンサーリンク
寡婦の人のうち寡婦控除額が8万円加算される特定の寡婦に該当する人
  • 夫と死別した後婚姻をしていない人、または夫の生死が明らかでない一定の人。
  • 扶養親族の子がいる人。
  • 合計所得金額が500万円以下の人。
寡婦控除の控除額
27万円(特別寡婦の方は+8万円)

寡夫控除の適用要件と控除額

寡夫控除は次の控除要件に全て該当した男性が受けられる所得控除の事で、控除額は27万円となっています。

寡夫控除の適用要件
  • 妻と死別した後婚姻をしていない人、または夫の生死が明らかでない一定の人。
  • 生計を一にする一定の子(※2)がいる人。
  • 合計所得金額が500万円以下の人。
(※2)総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族になっていない人。

寡夫控除は寡婦控除の様に特定の要件は設けられておらず、控除額が加算される事はありません。

これは男性の方が女性よりも生活力の面で有利である事を考慮されているからだと考えられます。

寡夫控除の控除額
27万円
スポンサーリンク