所得税はその年の1月1日から12月31日までに得た収入について、翌年の2月16日から3月15日の期間中に申告・納税する事になっており、この期限内に確定申告をしなかった場合には加算税や延滞税などのペナルティが科せられる事になっています。

事情により申告・納税が出来ない場合には、事前に申請をする事で納付期限の延長や分割納付などの猶予を受けられる場合があります。

期限までに納付しなかった場合 – 延滞税
期限超過が2カ月までであれば、超過日数に年率7.3%または特例基準割合+1%のいずれか少ない方の延滞税が科せられます。期限超過が2カ月を過ぎると超過日数に年率14.6%または特例基準割合+7.3%のいずれか少ない方の延滞税が科せられます。
期限後に申告した場合 – 無申告加算税
税額の15%が無申告加算税として科せられます。税額の50万円を超える部分につきましては20%の加算税が科せられます。尚、税務調査が行われる前に自主的に申告をした場合には、加算税が5%に軽減されます。
申告した税額が少なかった場合 – 加算税
増加した分の税額に対して、10%または15%の過少申告加算税が科せられます。尚、税務調査が行われる前に自主的に修正申告した場合や正当な理由があると認められる場合には、このような加算税が科せられることはありません。
悪質な税金逃れをした場合 – 重加算税
所得を仮装したり隠蔽するなどした場合には、増加した分の税額に対して35%または40%の重加算税が科せられます。

申告内容が間違っていた場合の訂正方法

申告内容が間違っていたと気づいた場合、申告書の提出期限内であれば訂正した確定申告書を、提出期限が過ぎてしまった場合は修正申告書または更生の請求書を税務署に提出しなければなりません。

スポンサーリンク
申告書の提出期限内の訂正方法
内容を訂正した正しい確定申告書を提出して下さい。
申告書の提出期限を過ぎた場合の訂正方法
税額を少なくしていた、または還付金が多かった場合
確定申告書に修正した内容を記入し、修正申告書に修正する前の申告内容や増加する税額を記入して提出して下さい。
申告書の提出期限を過ぎた場合の訂正方法
税額を多くしていた、または還付金が少なかった場合
更生の請求書に修正した内容や還付金の振込先を記入して提出して下さい。
スポンサーリンク