サラリーマンの方は自分で申告をしなくても会社が源泉徴収や年末調整を行ってくれますので、原則、確定申告は不要です。

しかし年末調整の時に全ての所得控除が申告できるわけではありませんので、自ら確定申告をした方が税金の還付を受けられて得になる方もいらっしゃいます。

サラリーマンでも確定申告で税金が還付される可能性が高いケース
  • 年の途中で会社を辞めて、年末調整を受けていない場合。
  • 年末調整の時に申告書を提出し忘れて、所得控除を受けていない場合。
  • 災害や盗難などの被害にあって雑損控除を受けられる場合。
  • 医療費の支払いが10万円を超えて、医療費控除が受けられる場合。
  • ローンを組んでマイホームを購入した等、住宅ローン控除が受けられる場合。
  • 特定の組織や一定の組織に寄付をして、寄付金控除が受けられる場合。
  • 副収入などが赤字になり、損益通算や繰越控除が出来る場合。

税金の還付が見込める時には還付申告をしましょう!

納税額が不足していた場合には不足分を納税する義務がありますが、多く支払っていたとしてもこちらが還付の申告をしなければ払い過ぎていた税金が戻ってくることはありません。

ある意味不公平と言えますが、黙っていても過払い分が還付されることはありませんので、税金の還付が見込めるのであれば還付申告をして払い過ぎた税金を取り戻しましょう。

還付申告につきましては、納税者の住所を管轄する税務署の方で受け付けています。

スポンサーリンク

還付申告はその年の確定申告の期間が過ぎてから、翌年の1月1日から5年間は申告する事が出来ます。

サラリーマンが税務署で還付申告をする場合に用意しておきたい書類
  • 源泉徴収票
  • 各種保険料の支払証明書
  • 所得控除を受けるための各種支払証明書
  • 還付金の振込先金融機関の通帳
  • 確定申告書Aまたは確定申告書B
  • 印鑑

還付金を受け取る為には確定申告をしなければなりませんが、サラリーマンの方は手続きの不正防止のために源泉徴収票が必要となりますので、給与明細票を貰った会社に問い合わせるなどして全ての源泉徴収票を用意しておきましょう。

もし給与明細票を貰った会社が倒産していて源泉徴収票が貰えなかった場合は、その会社の情報を税務署の方に伝えて事情を説明しましょう。

年末調整の時に申告出来なかった保険料等の所得控除を確定申告の時に申告する場合は、申告する所得控除の支払い証明書を申告書に添付する必要がありますので用意しておきましょう。

申告によって税金が還付される場合、還付金は金融機関に振り込んでもらいますので、振込先金融機関の情報が記載されている通帳を用意しておきましょう。

給与所得しかない方は確定申告書Aという書類を、給与所得以外に副収入がある方は確定申告書Bという書類を国税庁のホームページからダウンロードして事前に記入をしておくと、確定申告の手続きにかかる時間を省略する事が出来ます。

確定申告用紙を事前に用意できなかった場合は税務署で用紙に記入をするのですが、記入する用紙には押印の項目がありますので印鑑が必要となります。

スポンサーリンク