通常、株取引で利益が出た場合にはその利益に対して20%の課税が行われますので、100万円の利益が出た場合は20万円の税金を納めなければなりません。

ところが2014年の1月から始まったNISAという少額投資制度を活用すれば、毎年100万円までの投資による利益や配当を非課税で受け取る事が出来るようになります。

ただNISAには色々な利用制限が設けられている為、世間的には認知されているものの実質的な利用者はまだまだ少ないというのが実状です。

スポンサーリンク
非課税制度名 NISA(Nippon Individual Savings Account)
日本の個人貯蓄口座
非課税制度対象所得 上場株式、株式投資信託の譲渡所得、配当所得等
制度利用可能者 日本国内にお住まいの20歳以上の方
非課税口座開設期間 平成26年1月から平成35年12月までの10年間
非課税期間 NISA口座開設年を含む5年間
非課税枠 毎年100万円まで、5年間では最大500万円

NISA口座の損失分は他の所得と損益通算出来ない

NISA口座で生じた損失分についてはないものとみなされますので、他の所得と損益通算する事も繰越控除をする事も出来ません。またNISA口座で生じた利益分についてもないものとみなされますので、確定申告をする必要はありません。

NISA口座は原則1人1口座まで

NISA口座は一人につき1口座しか開設できないようになっていますので、NISA口座を既にお持ちの方は別の金融機関で口座開設をする事は出来ません。但し非課税期間が終了した後は、その口座内の株式等を翌年新たな非課税口座に移すことは可能です。

非課税枠は繰越出来ない

毎年100万円までの非課税枠が設けられていますが、投資金額が100万円に達していないからと言って翌年以降に非課税枠を繰り越すことは出来ません。

スポンサーリンク