定年退職後は退職金を使って旅行に行ったり、自分の趣味に興じようと思っている方はたくさんいらっしゃると思いますが、退職金の受け取りに関する一定の手続きを行わなかった場合は、退職金に課せられる税金が多く徴収されてしまいますので注意が必要です。

また年の途中で退職した場合もほとんどの場合で源泉徴収により税金が多めに徴収されていますので、確定申告をして過払いとなっている税金を取り戻しにいきましょう。

退職金が支給される時の注意点

退職金は給与所得とは別の所得である退職所得として課税が行われます。一般的には退職時に退職所得の受給に関する申告書を会社に提出して、退職所得額や勤続年数に応じた税金を源泉徴収によって納めます。

スポンサーリンク

しかし会社に退職所得の受給に関する申告書を提出していなかった場合には、退職金の支給時に一律20%の所得税が源泉徴収されてしまいます。

但し確定申告を行う事で税金の再計算を行う事が出来ますので、税金を納め過ぎていた場合は還付金を受け取る事が出来ます。

年の途中で退職した時の注意点

会社勤めの方は源泉徴収により税金を前払いで納付していますので、年の途中で定年退職した場合は税金を払い過ぎているケースが多くなります。

定年退職をした年に再就職をした場合には、新しい勤務先に前職の源泉徴収票や扶養親族等申告書を提出する事で年末調整を受けられるようになります。

定年退職をした年中に再就職をしなかった場合は、確定申告を行う事で払い過ぎていた税金が戻ってきます。

スポンサーリンク