相続税の申告は、相続で財産を取得する相続人が相続税の申告書に必要な情報を記入して確定申告を行います。相続税の申告書には第1表から第15表までの様式があり、表によっては控え用の表や付表などがあります。

平成26年度分の申告書では、全部で43種類もの表及び付表が用意されています。但しこれらすべてに記入しなければならないと言う訳ではなく、申告に必要な様式だけに申告する情報を記入をすれば良い事になっています。

最終的には複数の申告書を第1表と第2表にまとめ、相続人全員が署名・捺印をして共同で申告をします。

もし申告期限までに遺産分割協議がまとまらない場合は正確な相続税額を計算する事が出来ませんので、各相続人が法定相続割合で仮の税額を計算して申告をしなければなりません。

スポンサーリンク

正しい税額の申告は後日行えばいいのですが、いつまで経っても遺産分割の話がまとまらない場合は、家庭裁判所の遺産分割調停手続によって公平な解決を行います。

相続税額がゼロでも確定申告が必要なケース

相続税は金銭換算できる相続財産を取りまとめて計算を行い、その結果税額が発生した場合に申告を行います。これは裏を返せば、相続税の計算で税額が発生しなければ確定申告をする必要は無いと言う事になります。

しかし納付しなければならない相続税額が計算上ゼロ円の時でも、申告を要件とする配偶者の税額軽減や小規模宅地等の特例の適用を受ける場合には確定申告が必要となります。

スポンサーリンク