相続税は原則として被相続人が亡くなった日の翌日から10カ月以内に申告・納税を完了しなければなりません。

10カ月と言う期間は長いように思えますが、相続税の基礎となる相続財産を全てリストアップするだけでも相当な時間がかかりますので、早めの作業を心掛けるようにしましょう。

相続税の申告・納税に関わる手続きのスケジュール例

被相続人の死亡

被相続人が死亡した事を知った日から7日以内に市区町村に被相続人の死亡届を提出して葬儀を行います。遺言書があれば遺言書に従って相続人を確定し、遺産をリストアップして各相続人に遺産を分割します。

相続発生から3ヶ月以内

相続放棄と限定承認の考慮期間は相続開始を知ったときから原則3ヶ月間となっています。遺産と債務の相続を一切放棄する場合は、この期間内に家庭裁判所に相続放棄の申請をします。

スポンサーリンク

相続する遺産の範囲内で被相続人の債務を負担する場合も同様に、相続開始を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に限定承認の申請をします。

相続発生から4か月以内

被相続人の死亡した日までの所得に対する確定申告を、被相続人に代わって相続人が行います。この確定申告の事を準確定申告と言います。

準確定申告の期限は相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内となっています。

相続発生から10か月以内

遺言書がない場合は相続人達が納得いくように遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成します。各相続人の相続割合が確定したら相続税の申告書を作成し、被相続人の住所地の税務署に申告します。

延納や物納の制度を利用する場合はその旨を税務署に申請します。もし遺産分割が期限内に確定しない場合は、法定相続割合で仮の税額を申告・納税し、後日に修正申告または更生の請求を行います。

スポンサーリンク