相続時精算課税制度には2500万円の非課税枠が設けられていますが、非課税枠を超えた場合には、超えた金額について20%の贈与税を支払う必要があります。

支払った贈与税は相続税計算の時に精算を行い、多く納税していれば税金の控除や還付を受けられ、納税額が足りなければ不足分を相続税として納付します。非課税枠を超えていない場合でも、受けた贈与金額は相続財産に加えて相続税の計算を行います。

このように相続時精算課税制度は贈与税と相続税の両方に関わる課税制度なので、制度利用による非課税枠や納税額がそれぞれの税額計算式に登場します。

相続時精算課税制度を利用した場合の贈与税額の計算方法

相続時精算課税には2500万円の非課税枠がありますが、この非課税枠は1回利用したら終わりという訳ではなく、非課税枠がゼロになるまでは何回でも利用する事が出来ます。

生前贈与があるごとに、毎年残っている非課税枠から生前贈与金額を差し引いていきます。贈与金額が累計で2500万円を超えた場合には、そこからは一律で20%の贈与税の課税となります。

スポンサーリンク
贈与税の計算式
税額=
(生前贈与額-非課税枠の残高)×20%

支払った贈与税につきましては、相続税計算の時に相続税額から差し引く事が出来ます。

相続時精算課税制度を利用した場合の相続税額の計算方法

贈与税の計算をする時に相続時精算課税を選択した場合は、生前贈与額を遺産総額に加えてから相続税総額の計算をします。

相続税総額が算出できたら実際の相続割合を乗じて贈与を受けた相続人の相続税額を算出し、相続時精算課税で支払った贈与税を差し引くことで、納めるべき相続税額を計算する事ができます。

贈与を受けた相続人の相続税の計算式
税額=
相続税総額×実際の相続割合-税額控除-相続時精算課税で支払った贈与税
相続税総額=
(((遺産総額+生前贈与額-基礎控除)×法定相続分)×税率-控除額)+他の法定相続人の仮の相続税額
スポンサーリンク