印紙税は一定の取引で作成される文書に対して行われる課税の事で、領収書や契約書などに記載されている金額に応じて税金が課せられます。課税される文書は20種類あり、各番号に分類される文書ごとに課税対象額及び税額が異なります。

番号 文書の種類
第1号
  • 不動産、鉱業権、無体財産権、船舶、航空機又は営業の譲渡に関する契約書
    不動産売買契約書など
  • 地上権又は土地の賃借権の設定又は譲渡に関する契約書
    土地賃貸借契約書など
  • 消費貸借に関する契約書
    ローンなどお金の貸し借りの契約書など
  • 運送に関する契約書
    運送契約書など
第2号
  • 請負に関する契約書
    工事請負契約書など
第3号
  • 約束手形又は為替手形
第4号
  • 株券、出資証券若しくは社債券又は投資信託、貸付信託、特定目的信託、若しくは受益証券発行信託の受益証券
第5号
  • 合併契約書又は吸収分割契約書若しくは新設分割計画書
第6号
  • 定款
    会社設立時に作成される書類のこと
第7号
  • 継続的取引の基本となる契約書
    売買取引基本契約書など
第8号
  • 預金証書、貯金証書
第9号
  • 貨物引換証、倉庫証券、船荷証券
第10号
  • 保険証券
第11号
  • 信用状
    銀行が発行する支払い確約書のこと
第12号
  • 信託行為に関する契約書
第13号
  • 債務の保証に関する契約書
第14号
  • 金銭又は有価証券の寄託に関する契約書
第15号
  • 債権譲渡又は債務引受けに関する契約書
第16号
  • 配当金領収証、配当金振込通知書
第17号
  • 売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書
    物品購入の領収書など
  • 売上代金以外の金銭又は有価証券の受取書
    保険金の受取書など
第18号
  • 預金通帳、貯金通帳、信託通帳、掛金通帳、保険料通帳
第19号
  • 消費貸借通帳、請負通帳、有価証券の預り通帳、金銭の受取通帳などの通帳
第20号
  • 判取帳
    2以上の者との取引内容を証明する帳簿のこと

印紙税の納め方

印紙税は課税文書に収入印紙を貼って消印をする事で納付が完了します。パソコンやテレビなどの高額商品を購入した時はレシートに収入印紙が貼られている事がありますが、これは印紙税の納付を証明する為に貼られているのです。

スポンサーリンク

納税に必要な収入印紙はコンビニでも簡単に手に入れられますが、用意されている収入印紙の種類は少ない事が多いので、郵便局や法務局などで購入した方が確実です。

収入印紙の種類
1円、2円、5円、10円、20円、30円、40円、50円、60円、80円、100円、120円、200円、300円、400円、500円、600円、1000円、2000円、3000円、4000円、5000円、6000円、8000円、1万円、2万円、3万円、4万円、5万円、6万円、10万円

収入印紙の種類は最小1円から最高10万円までの31種類で、切手と同じように組み合わせて利用できます。同じ種類の契約書を2通以上作る場合は、原則としてそれぞれに収入印紙と消印が必要となります。

印紙税のペナルティ

貼り付けた収入印紙に消印を忘れた場合や、所定の方法で消印をしなかった場合には、その印紙税額の3倍に当たる過怠税が徴収される事になっています。

過怠税の計算式
過怠税額=
納付しなかった印紙税額×3

印紙税が課せられる文書に収入印紙を貼らなかった事が税務調査などで発覚した場合にも、過怠税が徴収されます。

但し、税務調査を受ける前に正しく納付していない事を自ら申し出た時には、徴収される過怠税額が印紙税額の1.1倍に軽減されます。

スポンサーリンク