自動車を廃車にした場合は、廃車にする前の所有者に対して残りの車検期間に応じた自動車重量税が還付される事になっています。

また自動車の所有者に対して1年に1回課せられる税金が自動車税だった場合は、残りの有効期間に応じて税金が還付されます。支払っていた税金が軽自動車税の場合は、残念ながら税金の還付はありません。

廃車にした時に戻ってくる可能性のある税金
  • 自動車重量税
  • 自動車税

自動車重量税の還付額の計算方法

自動車重量税の還付を受けるためには、前提条件として残りの車検期間が1ヶ月以上ある自動車でなければなりません。従いまして、残りの車検期間が1ヶ月未満の場合は、自動車重量税の還付金を受け取ることはできません。

スポンサーリンク
自動車重量税の還付額の計算式
還付額=
納付した自動車重量税額×残りの車検期間(※1)÷車検有効期間
(※1)残りの車検期間は1カ月単位で計算を行い、1月分に満たない日数は切り捨てます。

自動車重量税の還付対象となる車は、車検証の交付を受けている車で、自動車リサイクル法に基づいてリサイクルされた自動車に限られています。

自動車税の還付額の計算方法

自動車税は4月1日時点で自動車を所有している人にその年度分が課せられる税金なので、4月2日まで車を所有していた人は何もしなければ税金の払い損となります。

自分が使わない車の為に税金を支払うよりも、きちんと還付を受けて有意義な税金の使い道を探しましょう。

自動車税の還付額の計算式
還付額=
自動車税の年額÷12ヶ月×抹消登録した翌月から3月までの月数

自動車税の還付額の計算で算出された金額の100円に満たない部分は、切り捨てて計上します。

スポンサーリンク