原付バイクと自動二輪バイクは自動車とは異なり、自動車取得税の納付義務はありません。しかし軽自動車税と自動車重量税に関しましては、納税の義務があります。

車検が必要とされる排気量250cc超のバイクの場合は、新車購入時に自動車重量税を支払わなければなりません。

125cc超250ccのバイクは車検を受ける必要はありませんが、購入時に使用の届け出をして車両番号の指定を受けますので、購入時に自動車重量税を納付しなければなりません。また排気量に関わらず、軽自動車税は1年に1回納付しなければなりません。

支払う税金の種類
バイク区分 新車購入時 所有時 2回目以降の車検時
原動機付自転車 なし
  • 軽自動車税
なし
軽二輪
  • 自動車重量税
なし(※1)
小型二輪
  • 自動車重量税
(※1)自動車重量税用軽自動車届出済証返納証明書を提出しなかった場合は課税が行われます。

課税が行われる時のバイクの呼び方

道路交通法によるバイクの車両区分では、50cc以下のバイクは原付で、50ccを超えて400ccまでが普通二輪、400ccを超えるバイクは大型二輪となっていますが、課税が行われる時には道路運送車両法による区分が適用されます。

スポンサーリンク
車両区分
法規の種類 排気量
50cc以下 50cc超
125cc以下
125cc超
250cc以下
250cc超
400cc以下
400cc超
道路交通法 原付 普通二輪 大型二輪
道路運送車両法 第一種原付 第二種原付 軽二輪 小型二輪

原付と自動二輪の軽自動車税額

4月1日現在で二輪バイクを所有している人には、軽自動車税を管轄している行政から納税通知書が送られてきます。軽自動車税は排気量に関わらず課税されますので、忘れないように覚えておきましょう。

バイクの軽自動車税
区分 排気量 税額
原付 50cc以下 1000
50cc超90cc以下 1200
90cc超125cc以下 1600
軽二輪 125cc超250cc以下 2400
小型二輪 400cc超 4000

自動二輪バイクの自動車重量税額

軽二輪は購入時に自動車重量税を納付しなければなりませんが、2回目以降の届出の際に自動車重量税用軽自動車届出済証返納証明書を提出した場合は非課税となります。

軽二輪の自動車重量税の税額
自家用 事業用
4900 4100

小型二輪は車検毎に自動車重量税を納付しなければなりません。

小型二輪の自動車重量税の税額
車検区分
3年自家用 2年自家用 1年自家用 3年事業用 2年事業用
5700 3800 1900 4500 3000

また経過年数によっては納税額が増える事もあります。

スポンサーリンク