「相続税」タグの記事一覧(2 / 2ページ目)

相続税の申告期限は相続発生から10カ月

資産の税金

相続税は原則として被相続人が亡くなった日の翌日から10カ月以内に申告・納税を完了しなければなりません。 10カ月と言う期間は長いように思えますが、相続税の基礎となる相続財産を全てリストアップするだけでも相当な時間がかかり・・・

相続税の一括納付が難しい場合の納税方法

資産の税金

相続税の納付は原則として金銭による一括納付となっていますが、納付期限までに現金が用意できなかった場合は相続税を分割して納める延納と言う納税方法を申請する事が出来ます。 延納でも納付が難しい場合には、不動産や債券などを直接・・・

相続税の申告は共同申告が原則

資産の税金

相続税の申告は、相続で財産を取得する相続人が相続税の申告書に必要な情報を記入して確定申告を行います。相続税の申告書には第1表から第15表までの様式があり、表によっては控え用の表や付表などがあります。 平成26年度分の申告・・・

小規模宅地等の特例の種類と適用条件

資産の税金

小規模宅地等の特例は、相続税の計算をするときに一定の宅地の評価額から減額できるというものです。減額できる割合は宅地区分によって異なりますが、居住用の宅地に特例が適用された場合は減額対象面積に対して評価額の80%が減額され・・・

相続財産の金銭評価方法

資産の税金

相続財産は相続税計算のベースとなりますので、金銭に換算できるものは全て金銭評価をして遺産総額をまとめなければなりません。金銭評価には、財産評価基本通達という財産の評価方法が定められた統一ルールを使用します。 財産評価基本・・・

財産を相続できる資格と相続割合

資産の税金

財産を相続できる人は民法により定められており、相続人になれる方の事を法定相続人と言います。法定相続人になる為の資格は、被相続人の配偶者であるか被相続人の一定範囲の血族の者です。 しかし相続の資格を持っていたとしても、誰も・・・

相続税計算で差し引ける控除の種類

資産の税金

相続税計算の第一歩は、亡くなった人の残した権利義務などの財産を全て金銭に評価して集計する所から始まります。 集計した金額は遺産総額と言い、相続税の計算をする場合にはこの金額をベースにして行います。遺産総額からは一定の金額・・・

相続税が課せられる相続財産

資産の税金

人が亡くなった時に、その人が持っていた財産を一定の親族が引き継ぐ事を相続と言います。この時に財産を残して亡くなった人の事を被相続人、財産を引き継ぐ人の事を相続人と言います。 相続人は親族であれば誰でもなれるという訳ではな・・・

ページの先頭へ